スポンサーリンク

台形速度プロファイルの軌跡を量子化してロボットを精密制御する

ロボットの軌跡を生成する際に、加速度を制限した台形速度プロファイルを用いることで、ロボットを滑らかに制御することが出来ます。

ロボットの軌跡を生成する際に重要な項目として、 モータの出力できる限界を使って 短い時間で移動する という点が...

実際に、生成した軌跡を用いてロボットを正確に制御するためには、制御の周期やサンプリング時間に合わせた量子化(Quantization)が必要となります。

以前の記事では、一定速度でロボットを制御するシンプルなシステムについて、軌跡の量子化を行う方法を紹介しました。

加速度制限や躍度制限による軌跡を生成することで、滑らかにロボットを制御できます。 以前の記事でも、これらの軌跡生成手法...

今回の記事では、加速度制限による台形速度プロファイルによる軌跡生成について、量子化を行う方法を紹介します。

台形速度プロファイルと一般式

加速度制限による台形速度プロファイルでの軌跡生成をした様子は、下の図のようになります。

軌跡生成の際に台形速度プロファイルを用いることで、

  • 最大加速度と最大速度の制御と、
  • 滑らかで最短時間での制御

を可能にします。

台形速度プロファイルの一般式

台形速度プロファイルを作成するためには、軌跡に含まれるパラメータとして各期間の時間(加速期間T1、巡航期間T2、減速期間T3)を求める必要があります。

加速期間T1と減速期間T3は、ロボットの最大速度Fと最大加速度A、そして初速VSと終速VEから

$$ \begin{eqnarray} T_1 &=& \frac{F – V_S}{A} \\ T_3 &=& \frac{F – V_E}{A} \end{eqnarray} $$

と求められます。

ここで、VSVEはロボットの初速と終速です。

もし、停止状態のロボットを制御し、制御終了時にも停止させたい場合は、この初速VSと終速VEは0になります。

算出した期間(T1T3)をもとに、各期間での移動距離(L1L3)を求めると、

$$ \begin{eqnarray} L_1 &=& \frac{\left( F + V_S \right) T_1}{2} \\ L_3 &=& \frac{\left( F + V_E \right) T_3}{2} \end{eqnarray} $$

となります。

これより、巡航期間T2は移動させたい距離Lと巡航(最大)速度F、そして残りの期間での距離(L1L3)より

$$ T_2 = \frac{L – L_1 – L_3}{F} $$

と算出することが出来ます。

これら算出した各期間より、台形速度プロファイルを作成します。

巡航期間が無い場合

ロボットの最大速度Fや最大加速度Aに対して移動距離Lが短い場合、巡航期間T2がなくなる場合があります。

この場合、生成される軌跡は加速期間T1と減速期間T3のみになり、軌跡の速度も最大速度Fより低くなります。

前の項で紹介した巡航期間T2を求める式

$$ T_2 = \frac{L – L_1 – L_3}{F} $$

より算出した値が0よりも小さい場合、

$$ T_2 < 0 \Rightarrow T_2 = 0 $$

のように巡航期間T2を0に設定します。

この巡航期間T2が無い場合の速度のピークFP

$$ F_P = \sqrt{\frac{2 A L + {V_S}^2 + {V_E}^2}{2}} $$

と算出できるため、加速期間と減速期間は

$$ \begin{eqnarray} T_1 &=& \frac{F_P – V_S}{A} \\ T_3 &=& \frac{F_P – V_E}{A} \end{eqnarray} $$

と求めることが出来ます。

加速度制限プロファイルの量子化

これまでに紹介した式を用いて算出したパラメータ(加速期間T1、巡航期間T2、減速期間T3)より、台形速度軌跡の量子化を行います。

つまり、各期間(T1T2T3)をサンプリング時間Tsの整数倍にします。

そして、速度Vおよび加速度Aの値を各期間にあわせて調整することで、精密な制御を実現します。

制御期間を量子化する

まずはじめに生成した軌跡の移動時間(T1T2T3)をサンプリング時間Tsに合わせて変更します。

天井関数を用いて、各期間の制御時間(移動時間)をサンプリング時間Tsの何倍にすればよいかを求めます。

$$ \begin{eqnarray} \left\{ \begin{array}{l} N_1 &=& \lceil \frac{T_1}{T_s} \rceil \\ N_2 &=& \lceil \frac{T_2}{T_s} \rceil \\ N_3 &=& \lceil \frac{T_3}{T_s} \rceil \end{array} \right. \end{eqnarray} $$

そして求めたNiとサンプリング時間Tsより、各期間での制御時間Ti

$$ \begin{eqnarray} \left\{ \begin{array}{l} T_1 &=& N_1 T_s \\ T_2 &=& N_2 T_s \\ T_3 &=& N_3 T_s \end{array} \right. \end{eqnarray} $$

と求めることが出来ます。

天井関数を使った制御時間の変換についての詳細は、こちらの記事を参考にしてください。

加速度制限や躍度制限による軌跡を生成することで、滑らかにロボットを制御できます。 以前の記事でも、これらの軌跡生成手法...

パラメータを変更する

変更した各期間の制御時間に合わせて、巡航期間T2での速度Fと加速期間T1と減速期間T3での加速度Aを変更します。

まず、サンプリング時間Tsに合わせて変更後の各期間(T1T2T3)と移動距離L、そしてロボットの初速VSと終速VEより

$$ F = \frac{2 L – V_S T_1 – V_E T_3}{T_1 + 2 T_2 + T_3} $$

のように量子化後の移動速度Fを求めます。

この求めた移動速度Fを用いて、加速期間T1と減速期間T3での加速度は

$$ \begin{eqnarray} A_1 &=& \frac{F – V_S}{T_1} \\ A_3 &=& \frac{F – V_E}{T_3} \end{eqnarray} $$

と求めることが出来ます。

まとめ

今回の記事では、加速度制限を用いた台形速度プロファイルについて、生成した軌跡の量子化を行う方法を紹介しました。

今回紹介した量子化の方法を用いてパラメータを変更することで、台形速度プロファイルによるロボットの正確で精密な制御が可能になります。

次回の記事では、実際に具体的な値を用いて台形速度制御の量子化を行う流れを紹介したいと思います。

加速度制限による台形速度制御を行うことで、ロボットや機械を滑らかに動作させることが出来ます。 以前の記事では、...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ